ブログ詳細

うみ組クッキング(夏野菜の観察)

令和3年8月11日

 

今日は午前中に、うみ組さんと一緒に

夏野菜(トマト・ミニトマト・胡瓜・茄子・ズッキーニ・ピーマン・パプリカ)の観察を行いました。

 

時間になり部屋に行くと、

身支度を整えて手も洗い、準備万端で待っていてくれていました。

 

「今日は何やるの?」

「すっごく楽しみだね」

 

と友だち同士で

顔を見合わせながらニコニコしていました。

 

 

 

 

まずは「夏野菜は水がたくさん入っているよ」

「熱くなった体を冷やしてくれるんだよ」と説明をしました。

 

そのあとは実際に見てもらいました。

匂いを嗅いだり、手で持って重さを確認してみたり

、振って中身を想像してみたり・・・。

 

「野菜のいい匂いがするよ」

「これは軽いね」

「ミニトマトはトマトがちっちゃくなったんだね」

 

とじっくり観察していました。

 

 

 

 

見たあとは包丁で半分に切ってみました。

種が入っているかを予想しながら切りました(笑)

 

ピーマンを見ながら「種がたくさん入ってる!この空いてるところ口みたいに見えるね」、

「ズッキーニと胡瓜は似てるんだね」

「トマトはたくさん種が入ってるね、ミニトマトと一緒だ」

「切ったところから水が出てきたよ」

 

と断面を見ながら思い思いの感想を話していました。

 

 

 

 

給食の時間に、クッキングの野菜を使って作った煮物を味見してもらいました。

 

大人にとっては色鮮やかで食欲をそそるものでしたが、子どもたちにとってはなかなか難しかったようです・・・。

 

それでも、

「クッキングで使った野菜だよ」

「このお野菜だったら食べられるんじゃない?」

 

と声を掛けると

挑戦する姿もありました。

 

「美味しいね」「食べられたよ」と教えてくれました。

 

 

 

 

給食室より。

 

 

ページ先頭へ