ブログ詳細

そら組クッキング(うどん作り)

令和2年1月17日

 

年が明けて初めてのクッキングは、うどん作りです。

「今度はうどんでしょ!」とクッキングを楽しみにしていた子どもたちです。

粉から麺になるまでの作業をすべて自分たちで行いました。

 

まずは、袋にいれた小麦粉に塩水を入れて、生地をこねていきます。

 

 

「難しいね」「パンみたいだね」と子どもたち

 

 

粉っぽさがなくなってきたら、生地にコシを出すため

踏んでいきます。

 

 

「気持ちいい~」「せまいよ~」といいながらも、

仲良く生地を踏んでいました。

 

 

しっかり踏んだ生地を少し休ませたら、

麺棒で伸ばしていきました。

「このくらいかな?」と生地の厚さを

考えながら伸ばしていました。

 

 

生地をしっかり伸ばせたら、包丁で切っていきます。

 

 

「猫の手だよ」「もう少し細い方がいいよ」

と声かけあっていました。

みんな本当に切るのが上手でした!

 

 

 

みんなが作ってくれたうどんは、

給食室でゆでて、おやつの時間にいただきました。

そら組さん全員でいただきますのご挨拶!

 

 

 

自分で打ったうどんのお味は…!?

「なんかかたい?」「おいしい!」「先生もう一回おかわり!」

といろいろな声が聞こえてきました。

 

 

給食室より。

 

 

 

 

 

ページ先頭へ