ブログ詳細

そら組クッキング(うどん)

令和3年1月13日

そら組さん、うどん作りをしました。

 

まずは、小麦粉と塩、水を袋に入れて混ぜていきました。

「優しく混ぜて~」「もう混ざったかな?」と二人で協力していました。

 

 

 

生地がまとまったら、うどんにコシを出すために、踏んでいきます。

 

 

 

 

「ふんでいいの?」とはじめはためらいがちでしたが、

一生懸命ふみふみしてくれました。

 

 

 

 

たくさん踏んでコシが出た生地を麺棒でのばし、

包丁で切っていきました。

 

 

 

 

「おうちでもうどん作ったから分かるよ!」

「これくらいかな?」

「まだのばしたほうがいい?」といいながら

みんな真剣な表情で作業していました。

 

 

 

 

最後に、切った麺を伸ばしていきました。

 

 

 

 

まるで職人さんのように麺を一本一本丁寧に伸ばすこどもたち。

地味ですが、おいしく食べるには大事な作業です。

「長いね~」「くっついちゃう」「あれ、切れちゃった」

などと言いながら楽しそうな子どもたちでした。

 

できあがった麺は、給食室でゆでて、けんちんうどんにして

出しました。

自分たちでつくったうどんのお味はいかがでしょうか?

 

 

 

 

たくさんの工程がありましたが、

みんなで協力してできました。

 

 

給食室より。

 

 

 

 

 

ページ先頭へ