ブログ詳細

そら組クッキング(クリスピーピザ)

令和4年3月7日

 

そら組さん、

今日は最後のクッキングでした。

 

毎年3月のクッキングは、

子どもたちで話し合い

何を作るかを決めています。

 

今年は、

 

2種類(ミックスピザとマシュマロのピザ)の

クリスピーピザを作ることになりました。

 

この日は、朝から「今日クッキングだよね」と

クッキングを楽しみにする姿がありました。

 

身支度を整え、まずは、ピザに乗せる具材の

下準備をしました。

 

玉葱の皮をむいたり、ピーマンの種をとったり、

包丁で切ったりと様々な工程がありましたが、

みんなで協力して取り組むことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「おうちでもソーセージ切ったことあるから」

 

「一人で切れるよ」

 

と、包丁で切りにくい食材も

危なげなく切ることができていていたそら組さんです。

 

次に、餃子の皮にピザソースを塗っていきました。

 

 

 

 

「こんな感じかな」

「もうちょっと塗ろうかな」とこどもたち。

 

 

 

 

具材のトッピングでは

 

「いっぱいのせちゃおう」

「これくらいにしようかな」

「ピーマン嫌いだからいらない(その後ちゃんとのせていました)」

 

などといいながら、具材をのせていました。

 

 

マシュマロピザは、餃子の皮の上にマシュマロを乗せました。

 

 

 

 

「このまま食べたいな~」

 

「(目と口に見立てて)顔にしてみようかな」

 

といいながらのせていました。

 

そら組さんが作ってくれたミックスピザと

マシュマロピザ(焼いたあとにチョコソースをかけました)を

給食室のオーブンで焼いて

おやつの時間に出しました。

 

ピザが焼きあがるまで待ちきれないのか、

何度も給食室をのぞきにくる姿も・・・!

 

 

 

 

自分たちで作ったおやつは格別だったようで、

 

「おいしい!」

「おかわり!」と何度もおかわりする子も。

 

「お家の人にも食べさせてあげたいね」

と話す子もいました。

 

そら組さん最後のクッキング、みんなで協力して

楽しく取り組みことが出来ました。

 

小学校へ行っても、

保育園の給食やクッキングを思い出し、

食への興味・関心を持ち続けてくれたらうれしいです。

 

給食室より。

 

 

ページ先頭へ