ブログ詳細

そら組クッキング(月見団子)

令和4年9月9日

そら組さん、今日は十五夜のお話をしながら、

お月見団子づくりをしました。

 

お団子には、小麦粉、上新粉、白玉粉の

三種類の粉を使いました。

 

 

「色が違うね」「こっちは粒々してる」

「これはサラサラ」と違いを見つけた子どもたち。

 

 

どんな料理に使われているか質問すると

小麦粉についてとても詳しく

「パンに使うよね」「お好み焼きに入れるよね」

「うどんにも使う」と話していました。

 

粉に水を混ぜて、お団子の生地を作っていくと

 

 

「お米の匂いがする」「パンのにおいもするよ」

「さっきと形が違う」と子どもたち。

 

 

できあがった生地をみんなで触って

感触を確かめました。

 

お団子を丸める工程では、

「へい、お待ち!」「これくらいかな」

「もうこんなに丸めたよ」と言いながら、

お団子作りを集中して、取り組む姿が見られました。

 

 

 

 

 

始めは、大きすぎたり、小さすぎたりと

バラつきがありましたが、

丸めるうちにコツをつかんだようで

丁度よい大きさに丸めることができていました。

 

 

みんなで協力して、あっという間に丸め終わりました。

 

みんなが丸めてくれたお団子は

給食室でゆで、みたらしあんをかけて

おやつに出しました。

 

 

出来上がるのが待ちきれずに

「お団子まだですか~」と言う子も。

 

 

「お団子おかわり」「先生お団子超おいしい」

と自分たちで作ったお団子を味わっていました。

給食室より。

ページ先頭へ