ブログ詳細

そら組クッキング(豚汁)

令和4年10月13日

 

そら組さん、今日は豚汁作りをしました。

 

はじめに、ピーラー、包丁、コンロの

正しい使い方を説明してからとりかかりました。

「火で熱くなるから触っちゃいけないんだよね」

「包丁使う時はネコの手にするんだよね」

と理解していました。

 

人参、大根の皮をピーラーでむき、

長ネギも包丁で切っていきました。

 

 

 

 

「ネコの手だよね」と食材を押さえる手の形を

確認しながら切る姿がありました。

 

 

火が通りやすくなるように人参は薄く切るよう話すと、

「大根も薄く切った方がいいんでしょ?」と話す子や

「○○ちゃんは切るのが上手だね」とお友だちをほめる場面も。

 

 

 

「もっと切りたい」と言いながら、

積極的に包丁で食材を切ってくれました。

 

 

みんなが切ってくれた食材とお肉をお鍋で炒め、

にぼしだし、豆腐を入れて、食材に火が通ったら

仕上げに味噌で味付けしました。

 

 

 

 

「いいにおいがする~」「お野菜のにおいだ」

「なんだか食べたくなっちゃった」と子どもたち。

 

出来立て熱々の豚汁をみんなで味見をして…

 

 

「うん、いい味だ」「おいしい」

と納得の味に仕上がりました。

(「もっと味見したい!」ともう一度味見しました。)

 

給食の時間に、豚汁のお鍋を持って行くと

「これ、そら組さんが作った豚汁だよね」

とうれしそうなそら組さん。

「おいしそう~」「味見したかったな」

と他のクラスの子も集まってきました。

 

 

 

自分たちで作った豚汁の味は格別だったようで、

「おいしい」とよく食べていた子どもたちです。

 

給食室より。

ページ先頭へ