ブログ詳細

だいこん収穫祭。

令和3年11月20日(土)

 

ひなたぼっこ保育園の畑にて、

大根の収穫祭をしました!

 

保護者の皆さんも

「こんなにたくさんの大根を見た事がないです」

「みんな大きく育って奇跡ですね!(笑)」

 

など、初めて訪れた畑一面の大根にびっくりしていました。

 

子どもたちも

「やっとぬけたよ!」

「僕より大きい」

「二つの大根がくっついていたよ」

 

と抜いた大根を誇らしげに見ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採れたての大根を食べたことがあるでしょうか。

まだ水分が失われておらず、梨や瓜のようです。

 

とても瑞々しい。

 

 

 

 

収穫した大根をその場で切り、試食会をしました。

 

「あまい!」「おいしい!」「初めてたべた!」

 

と、子どもたちも採れたての大根を食べ笑顔でした。

 

保護者の方も

「生野菜は嫌いなのにいっぱい食べる姿を初めて見ました。」

「今日は、家で豚バラ大根を作ろうね。」

「葉っぱは、じゅこを混ぜてふりかけにしよう。」

 

と楽しい会話があちらこちらで聞こえ、

お聞きしている私たちも嬉しくなりました。

 

 

 

 

たくさんのこどもと大人が抜いても抜いても、

抜ききれないほどの大根。笑

 

 

 

 

晴天のもと、みんなでワイワイ。

こうしたひと時の貴重さが心に染みる時代です。

 

 

 

 

参加された皆さんには沢山お持ち帰りいただき、

それでもまだまだ配り切れない大根。

 

保育園玄関に置いて保育園保護者の皆さんに

ご自由にお持ち帰りいただいたほか、

 

地域のこども食堂、児童養護施設、

障がい者施設の皆さんなどにもお配りしました。

 

 

 

【大根ができるまで】

 

急きょ借りた畑。

最初は背丈ほどもある雑草が一面に茂っていました。

 

 

 

8月。

畑一面、大根にしたら面白いのではないか?と話し合い。

職員で草を刈り、耕し、畝を作り。

 

 

 

 

9月初旬。種を植えて、芽が出ました。

 

 

 

 

10月。順調に育ってきたので、間引きをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

収穫祭当日には、300本近い大根が出来ました。

 

 

 

 

 

 

お陰様で、とても良い「食育」とすることができました。

ご協力、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

ページ先頭へ