ブログ詳細

にじ・そらクッキング(お餅つき)

令和3年1月6日

 

にじ・そら組さんでお餅つきをしました。

 

前日にそら組さんがもち米をといでくれました。

 

 

 

 

 

「そっと研がないと、お米が割れちゃうよね」

「お水の色きれいになってきた」と一生懸命といでくれました。

研ぎ終わった後、「冷たかった~」とみんな手が

真っ赤になっていました。

 

はじめに、いつもみんなが食べているお米(うるち米)と

お餅になるお米(もち米)を観察してもらいました。

 

 

 

 

 

 

もち米を見て、

「こっちの方が丸い。ごまみたい」

「これがお餅になるの?」

「こっちの方がなんか白いね」

と違いを見つけていました。

 

次に、給食室で蒸したもち米を餅つき機に入れて

こねていきました。

 

 

 

「これ熱いの?」「肉まんみたい」「なんか踊ってる~」

「マシュマロみたい」「お餅が歌ってるみたい」とこどもたち。

お米の粒が少しずつ見えなくなって、おもちになっていく様子を

観察していました。

 

 

 

 

はな・うみ組さんもお餅つきの様子を見に来てくれました。

興味津々でお餅の動きをのぞきこんでいましたよ。

 

つきたてのお餅を丸めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「わあ~なんか変な感じ」「このくらいかな?」

「ママ、パパ、○○ちゃんの分」などとおもちの感触を感じつつ、

食べる人のことを考えながら丸めていました。

 

給食室で丸めた磯辺餅ときなこ餅をみんなでいただきます!

 

 

 

 

「先生きなこ餅おかわり」「私は海苔のおもちがいいな」

と何回もおかわりする子が続出し、沢山用意したお餅は

あっという間になくなりました。

みんなで食べるお餅はおいしいですね。

 

給食室より。

 

 

 

ページ先頭へ