ブログ詳細

にじ・そら組クッキング(お餅つき)

令和4年1月6日

 

にじ・そら組さんでお餅つきをしました。

 

前の日に、もち米をそら組さんに研いでもらいました。

 

 

 

「冷たいね~」

「お水きれいになってきたね」

 

と言いながら一生懸命研いでくれました。

 

 

はじめに、みんながいつも食べているお米(うるち米)

とお餅になるお米(もち米)を観察してもらいました。

 

 

 

 

「こっちの方が白い」

「こっちの方が大きいね」

 

と違いを見比べていました。

 

 

そら組さんが研いでくれたもち米を給食室で蒸して、

餅つき機でつきました。

 

つき始めは「え~ご飯じゃん」「お餅になるの?」

と心配そうにお餅をながめていた子どもたち…

 

 

 

 

しばらくすると・・・

 

 

 

 

 

 

「わぁ~、おもちになってきた」

「いいにおい~」

「お餅がバトルしてるみたい!」

 

と興奮気味にお餅に変化していく様子を

観察していました。

 

ついた餅を好きな形にしてもらいました。

 

 

 

 

 

 

「きもちいいね」

「やわらかい~」

 

とお餅の感触を感じていたこどもたちです。

 

 

ゆめ・はな・うみ組さんも餅のつける様子を見に来てくれました。

 

 

 

 

ぐるぐる回る餅から目が離せない様子の子どもたちでした。

 

 

おやつの時間につきたてのお餅(磯辺・きなこ)を

みんなでいただきました。

 

 

 

 

 

 

おもちが大好な子は前の日から楽しみにしていたようで、

たくさんおかわりしていました。

 

お餅が苦手だと言っていた子も「おいしい」

と食べていました。

 

給食室より。

ページ先頭へ