ブログ詳細

にじ組クッキング(おにぎり・稲穂の観察)

令和2年10月9日

 

うみ組さん、

今日はおにぎり作りをしました。

始めにお米屋さんからいただいた

乾燥した稲穂を子どもたちに見せました。

 

 

 

 

「わあ~すご~い!」

「これがお米になるんだよね」

 

と興奮気味の子どもたち。

 

籾→玄米→白米と変化していくことを、

 

実物を見てもらいながらお話しました。

 

 

 

次に、おにぎりに使うお米を

みんなで協力してといでいきました。

 

 

 

 

 

 

「やさしくだよね?」

「おいしくな~れ」

 

と言いながらといでくれました。

 

といだお米を炊飯し、

ゆかり、鮭わかめ、チーズおかかの

 

三種類の味のごはんを

おにぎりにしていきました。

 

(ラップに包んで丸めました。)

 

 

 

 

 

 

「これ全部好き」

「早く食べたいな」

「僕、○○くんのを作る」

「これはE5系の新幹線だよ」

 

などといいながら、

みんな思い思いのおにぎりを作ってくれました。

 

うみ、にじ、そら、先生分の

たくさんのおにぎりをにぎってくれました!

 

 

 

 

おやつの時間に、

にぎりたてのおにぎりを

みんなでいただきました。

 

自分たちで作ったおにぎりの

お味はいかがでしょうか?

 

 

 

 

一口ずつ味わって食べるこどもたち。

 

「おかわりください!」

 

と、たくさんあったおかわり分のおにぎりも

あっという間になくなりました。

 

自分たちで作ると

おいしさが何倍にもなりますね!

 

 

給食室より。

 

 

 

ページ先頭へ