ブログ詳細

ひなたぼっこ職員の学び合い。

■小規模の認可保育園(定員39名)

■全クラス複数担任制(3歳以上は異年齢保育)

 

ひなたぼっこ保育園の職員は、

日々の保育が、子どもたちにとって、

より充実したものとなるよう、学び合っています。

 

ひなたぼっこ保育園の

職員会議や話し合いをする上での原則は、

「批判厳禁」「自由奔放」「質より量」「意見便乗」。

 

児童福祉法、保育所保育指針などを踏まえ、

保育園で働く上で必要な知識を学び、

 

それを保育現場に1つ1つ還元する時、

誰か1人の強い意見や、思いつきの意見に流されないように。

過去の経験と新しい知識がうまく融合するように。

 

職員1人1人が率直な意見を出し合える環境を作れるよう、

協力し合っています。

 

 

 

 

必要な専門知識は、専門職を講師としてお呼びして、学びます。

 

例)弁護士によるリスクマネジメント研修

 

例)児童相談所職員による虐待防止研修

 

例)大学教授による子どもの成長発達研修

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学びを、保育現場に活かすために、全員が意見を出し合う。

 

 

 

どんな遊びの発展が考えられるか。どんなことを期待するか。

 

 

 

 

時には、保護者と一緒に。

 

 

時には、踊る。

 

 

 

子どもたちが喜んでくれることを思い浮かべて。

 

 

学びやすい、意見を言いやすい環境作りのために、

職員親睦会なども…。

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもの声はもちろん、

保護者の皆さまからのご意見、見学に来られた方々のご意見、

それらも保育の質を向上させるために、とても重要なものと考えています。

 

お気づきの点がありましたら、お知らせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ先頭へ