ブログ詳細

ゆめ組、砂遊び。

1歳半頃から、

親指と人差し指で物をつまめるようになると

 

今度は、

 

手の左右、上下の移動や調節ができるようになり、

モノを左から右へ持ち替えられるようになるなど、

より複雑な動きを身につけていきます。

 

その後で、

 

手首をコントロールする力などがつき、

肘と手首、肩と肘の支点を駆使して色々と動かせるようになり、

ねじって容器のふたを開けたり、

道具を道具として使えるようになります。

 

本当に驚異的な能力の獲得ですね。

そうした身体的な成長もしっかりと適切な時期に捉え、

その時期に合った遊びを楽しめるようにしていきたいと思います。

 

 

ゆめ組の砂遊びも、

シャベルで握り、

砂をすくい、

手首を返して、

砂にバケツに入れる、

 

という動作ができるようになり、

日々楽しんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後も子どもたちの発達をみながら

遊びを展開し、環境を整えていきます。

 

 

 

 

 

 

ページ先頭へ