ブログ詳細

アイロンビーズ。

お気づきでしょうか。

ちょっとした時間に子どもたちが自由に遊ぶ玩具も、

年度当初よりだいぶ細かいものや工夫が必要なものが

増えています。

 

最近以上児クラスでブームの、

とても細かな「アイロンビーズ」も

子どもたちは手やピンセットで器用につまみ、

思い思いの形へ作り上げていく姿が見られます。

 

1つの遊びから子どもたちは、

健康・人間関係・環境・言葉・表現など

たくさんのことを複合的に学びます。

ですので、「この遊び(玩具)では〇〇が育つ」とは

決して言えるものではありませんが、

 

”なぜこの玩具を、この時期に、ここ置くのか”といった

保育士の子どもたちへの思いや願いは、

(保育所保育指針などの根拠を踏まえつつ)

今後も大切にしていきたいと思います。

 

0歳からのつながり、積み重ね。

 

驚きの集中力。

 

 

 

 

 

ページ先頭へ