ブログ詳細

アプローチカリキュラム。

年が明けて、年長クラスのそら組さんは、

「卒園」を少しずつ意識し始めています。

 

千葉市は、保育園生活で育んだ力を

思う存分発揮しながら楽しく意欲的に小学校生活に活かせるよう、

 

保育園と小学校の円滑な接続を目的とした

「アプローチカリキュラム」に取り組んでいます。

 

その一環として先日、

近隣保育所・幼稚園などにお声かけいただき、

新宿小学校の校庭を開放してくださいました。

 

前回に続き3回目とあって

子どもたちも他園の子に

自分たちから声をかけ進んで遊んでいました。

 

 

子どもたち自身で交通ルールを確認しながら、

目的地まで行く練習もしています。

 

 

小学校の広い校庭で、元気に遊びます。

 

 

 

校庭で1年生の植木鉢を見つけると

卒園児の名前を探し、真剣にひらがなを

一文字づつ目で追い…

 

「あった!〇〇ちゃん!」

「〇〇ちゃんもいた」

「〇〇ちゃんはどこかな」と、

 

1年生になったお友だちを

全員見つけました。

 

植えてある球根を見て「玉ねぎを植えたんだね」

「わたしたちも1年生になったら植えるのかな」

と子どもたち。

 

 

 

コロナ禍の中、そら組のみんなが

少しでも小学校へ行くことへの不安が軽減されるよう、

 

新宿小学校の皆さんが子どもたちのために交流の機会を

つくってくださっていることに感謝し、

 

ひなたぼっこ保育園でも引き続き、

できることをしていきたいと思います。

 

 

ページ先頭へ