ブログ詳細

クリスマス会。

今年度、コロナウイルス感染予防を踏まえ、

ミラマーレで予定していたクリスマス会を中止としました。

 

そのことを子どもたちに伝えると、

 

「パパやママに見せられないの?」

「いっぱい消毒してもできない?」

「卒園式はどうなるの?」

「お別れ遠足は行ける?」と

 

先の予定を理解し、楽しみにしていた

そら組の子どもたちの表情が曇りました。

 

そして、

保育園でクリスマス会をすることを伝えると

 

「コロナにかかったら大変だから。仕方ないね。」

「練習をがんばってやって、小さいクラスのお友だちに見てもらおう」と

 

気持ちを切り替えて、楽しみながら意見を出し合い、練習をして、

21日に保育園でクリスマス会を行いました。

 

いつもは沢山のお客さんの中、緊張してしまう子どもたちですが

当日はとてもリラックスして、歌、合奏、トーンチャイム、劇と

みんなで楽しく行うことができました。

 

職員の手品も見て、子どもたちは

「保育園でもクリスマス会できたね」

「楽しかったね!!」

「緊張しないで出来た!」と笑顔でした。

 

 

↓これは、練習風景です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして…

25日のクリスマスの日にはサンタクロースがやってきました!

 

 

なぜか外で小学生に囲まれたサンタクロース。

 

子どもたちは、

「大きな地図を持ってるよ!」

「どこに行くのかな!」

「ひなたぼっこに来てほしいな…」と

 

2階から食い入るように見ていました。

 

そして、そのサンタクロースが横断歩道を渡り、

「ピンポーン!」とインターホンを鳴らして保育園に入ってくると

大歓声が沸き「本物だ!」「初めて見た!」と大興奮です。

 

 

 

サンタさんから、

素敵なプレゼントをもらいました。

 

 

 

サンタクロースが持っていたボロボロの大きな地図には、

ひなたぼっこ保育園の場所が描かれていました。

 

「ひなたぼっこのためにきてくれたんだー!」

 

 

 

 

 

プレゼントをもらって、嬉しそうな子どもたち。

 

「サンタクロースは園長先生だよね」(バレている…)

「家に帰ったらママとパパに教えてあげる」

「サンタさん来てくれてうれしかった」と

 

子どもたちの笑顔に、

私たち職員もとても嬉しい気持ちになりました。

 

後日、クリスマス会の様子や練習の様子を撮影した

写真や映像をDVDに編集して以上児各クラスの

ご家庭に配布させていただきました。

 

 

 

異例続きの今年度。

そのような中で、子どもたちや保護者の皆さん、

職員の意見から生まれる新しい工夫。新しいカタチ。

 

なんだか、とっても素敵です。

 

 

ページ先頭へ