ブログ詳細

地域のすべて、園庭。

都会の中にある保育園。

その外遊びとは。

 

子どもたちの興味や成長、季節・天候に合わせて、

遊ぶ場所を”選べる”という、都会ならではの強み。

 

思い切り全力で走ることができる公園、

今ではなかなか見かけなくなった鉄棒のある公園、

木登りができる公園、

暑さを凌げる木陰の多い公園、

3歳未満の子どもたちでも使いやすい低い遊具のある公園、

水遊びができる公園、

ものすごい坂がある公園、

隠れる場所がたくさんある公園、

広い砂場がある公園、

季節により木の実や枝がたくさん採れる公園、

バスや電車を使って行ける公園…。

 

子どもたちがの行動範囲内に、

両手では足りないくらいある、遊び場。

 

 

ひなたぼっこ保育園の子どもたちは、

地域のすべてを遊び場として、日々、元気に遊んでいます。

 

 

みんな足を出して。鬼を決めるよ!

 

フラフープも遊び方いろいろ。

 

僕たちの城。

 

 

 

よじ登ろう。

 

 

 

手と足の連動。パカポコ。

 

 

 

 

ページ先頭へ