ブログ詳細

当たり前の日常

新型コロナウィルス第6波。

 

オミクロン株の猛威はすさまじく、

第6波だけで千葉市内の保育施設は約640施設が

休園措置を取らざるを得なくなりました。

 

保護者の皆さま等のご協力で

第5波を感染者無しで凌いだ当園も、

 

1月末に週末をはさみ実質2日間の

休園となりました。

 

開園から13年。

 

初めて経験した子どもたちがいない日常。

 

子どもたちの声、、姿、笑顔、

それら全てが消え、

 

ひっそりとした保育室は

すべての時間が止まり

 

モノクロ写真を見ているかのような

淋しい風景でした。

 

休園が開け、登園自粛の中でも

少しずつ日常が戻ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちの声や笑顔で溢れる

保育室はキラキラと輝いて見えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで当たり前だと思っていた風景。

 

それが、どれだけ特別でかけがえにないものか。

 

コロナ禍の中で日常の大切さを

改めて感じました。

 

今後も、感染対策に努めつつ、

子どもたちのために「今」できることを実践していきます。

 

 

 

 

ページ先頭へ