ブログ詳細

未満児クラス「アリの観察」

少しずつ日差しが暖かくなり、

冬の間見られなかった虫たちも元気に動くようになりました。

 

アリを見つけては、

「アリさんいた!捕まえたいなあ」

と話す子どもたち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャベルでアリを捕まえようと奮闘しますが

アリの動きは早くなかなか捕まえることができません。

 

つぶさないように、

そーっとそーっとシャベルを動かす姿はとても可愛らしいです。

 

アリが車道に行ってしまうと「危ないよ。こっちにおいで」

と声をかけたり、

 

アリがどんどん歩いて行くと

「お家に帰るのかな?気をつけてね」

と話したり優しい子どもたちです。

 

相手の気持ちを想う心は、

こうした小さなことの積み重ねで育つということを

子どもたちの姿を見て改めて感じます。

 

山本

 

 

 

 

ページ先頭へ